トップページ > > 4年に一度の日

4年に一度の日

  • 2012-02-29 (水) 23:24

今年は閏年という事で、今日は、2月29日ですね。

太陽暦で、地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数(約365.242199日)を調整する為に閏日があるのだそうです。

閏年と言うと、「夏季オリンピックの年」と思う人はいませんか?
私はその一人です。

処が、夏季オリンピックは4年に一度という事になっているようですが、
閏年は、4年に一度ではないのをご存じでしょうか?

実は、次の規則に従って閏年か平年(365日の年)かが決まるのです。

1.西暦年が4で割り切れる年は閏年とする。
2.西暦年が4で割り切れる年でも、100で割り切れる年は閏年としない。
3.西暦年が4で割り切れ、100でも割り切れる年でも400で割り切れる年は閏年とする。

何かややこしいですね。
近年では、2000年が上記3の理由で閏年となりました。
98年後の2100年が上記2の理由で閏年ではない年となります。

98年後の生きている方は、閏年以外に開催されるオリンピックを体験できるかもしれないという事ですね。

処で、2月29日生まれの人は、閏年以外の誕生日はいつかというと
日本の法律では、平年の誕生日は2月28日とみなすことになっているという事です。
4年毎に1歳増えるというわけではないのですね(当然ですけど・・・・・) 

そう言えば、あまり聞いたことが無い(私だけかも?)「閏秒」の調整(+1秒)を今年実施するという話題が少し前にありましたね。
地球自転の速度変動によって現在の定義上の一日の長さとずれる為、その時間も調整を行うのが「閏秒」という事です。

余談ですが、閏年で1日を調整していっても誤差が生じているとの事で、
西暦4882年には1日の誤差になるのだそうです。
これがどう影響し、どう対応するのかは、まったく想像もできませんが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント:0

コメントをどうぞ
この情報を登録する
サイト内検索
ブログフィード